ギャンブルするのにお金を借りる気にはなれない

なんの番組・雑誌で見たかは忘れたが、ビートたけしが「博打は使ったらやばい金で勝負するから博打なのであって、金がある今ギャンブルをやる気は全く起きない」という話を昔していた。
ボクはギャンブルは競馬だけやるが、使っちゃいけないお金に手を出してまでやるようなことはしていない。ギャンブルするのにお金を借りる気にはなれない。
良い悪いどうこうという議論じゃなくて、ボクは結局、おままごとみたいなノリで競馬をしているに過ぎず、ギャンブラーのギの字も当て嵌まらないのだろうな、と思った。
そういえば競馬友達で強烈な奴が一人いて、そいつは大学生時代、親からもらった学費全部使って、がちがちの人気馬の単勝にぶっこんだことがあった。
ボクはそのとき一緒にいたので、競馬で1番人気が飛ぶのはザラだ、そんなハイリスクローリターンの勝負をするな、とか止めるよう必死に説得していた。
たちの悪いことに、そいつは切羽詰ったほどお金に困っているわけではなく、生き死にを賭けたような大勝負をしてみたいという動機しか持っていないので、効果的な説得はできなかった。
コイツは折れないと思ったボクは、せめて複勝にしとけとアドバイスしたが、それじゃ意味がないと言い切った友達は、当初の予定通りの単勝馬券を買った。
結果は、当たり。
漫画なら鼻差で不的中する展開だったが、見事勝った友人。
がちがちの人気馬なのでびっくりするほど勝ったというわけではないが、そのときの友人の恍惚の表情は忘れられない。

\